スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ダンシング レオ
じっくりネットに飛び込めたのは久しぶりです。
6月2日に公開されたばかりの松っちゃん監督作品の映画、
『大日本人』の情報を求めてネットの海を彷徨っていましたら
感想の一つに「CGが『どろろ』並」って表現があって笑ったw
どう考えても誉め言葉で使ったんじゃないですよねコレ…。

さて、以前「ダンシング クロオ」と皆様が自然と呼ぶようになった
衝撃映像をご紹介した事がありましたが
何も踊るのはBJやアトムだけじゃありません。
黒い医師が踊るなら白い獅子だって踊ります。
踊る手塚キャラと言えば、西武ライオンズのマスコット「レオ」を
抜きにして語ることはできないでしょう!
それでは、その素晴らしいダンスをご覧下さい。
どうぞ!



続きを読む
スポンサーサイト
【2007/06/03 19:50】 | 手塚関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『どろろ梵』の衝撃
デスノートOP風に

どろろヴォォォォオォォォオオオオオオオオオオオォォォォオォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオォン


あなたは読みましたか「どろろ梵」を。
最近、なんか微妙に忙しくて本屋に行く余裕も本当はなかったんですが
「どろろ梵」のために昼食ゲットのために飛び込んだコンビニで
今日発売のヤングチャンピオンをかすめ読みました。
だから、コマを流し込むように読むしかできないので
あらすじをしっかり把握するまでにはいたらなかったのですが

それでも


予想を遥かに上回る



トンデモ漫画でした。



ここまで旧来のファンに挑戦的な続編モノも滅多にないでしょう。
この作者、ファイト満々です。
完全にどろろファンに喧嘩売ってます。
全編「文句があンならかかってこいやあ」な闘気で満ち満ちています。
いいですなあ。
神の後を継ごうとする畏れ知らずはこうでなくちゃあ。

今のところ出オチ感ぷんぷんではありますが。


だって……

(さあココからネタばれです!)
(未読な方は絶対にここから先に進んではダメっ)
(ぜひ、あの衝撃を体感してもらいたいからっ…)
(しかし前もって知って、ショックを和らげた方がいいかもしれない…)
続きを読む
【2007/05/22 00:55】 | 手塚関連 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「どろろ」の続編「どろろ梵(ぼん)」
ぼく どろろぼ~ん


なんて駄洒落こいてる場合じゃありません。

マジであの怪作「どろろ」の続編がヤングチャンピオン11号から始動するそうです!
その名も「どろろ梵(ぼん)」!

詳しくはこちらをご覧下さい。
絵柄も載っております。
んんん~?
この片目の子はだれだ?
「あ~あ勿体ね オンナのカラダ」という台詞からしてどろろ?
しかしなぜ片目?
額にブッダのようなぼっちも付いてるし…
耳にはでかい耳飾り付けてるし、本当に誰なんですかキミ(笑)
作品名の「梵」に秘密が隠されているような気もしますが…


BJのようなアンソロジーでもなく
アトムのようなリメイクでもなく

続編

この言葉の重みは凄いですよ。
巨匠が描いた「その後」を語ろうって言うんですからね。
生半可なことではありません。
「どろろ」に関して言えば、「百鬼丸とどろろの別離」からの続きが
見られるわけですからね。
予告によるとあの二人は「再会」するそうです。
確かに主役ふたりが「再会」しなきゃ話が進まないから
そりゃそうなんですが(笑)

「どろろ」ファンからすると、この続編始動はどうなんでしょう?
私も「どろろ」の最終回の読後感は鬱でしたから、
あの二人が再会するのは喜ばしいことには違いないんですが…
しかしどろろファンなら誰しも願うであろう再会ストーリーとはいえ、
手塚先生以外の続編をファンが受け入れるのはなかなか難しいでしょう。

そういえばBJのアンソロジーにも一つ、続編ぽいのがありましたね。
BJのクローンの話。
あの物語による「その後」は

BJがピノコを自動車で

迎えに行く途中、

交通事故で死亡


という、およそ想像しうる「その後」話のなかでも
かなり後味が悪すぎる話でした(笑)
アンソロジーの一作なので想像のひとつとしてアリかなと受け入れられましたが、
「ファン待望のBJの続編!」と銘打ってアレを出された日にゃあ、
私は人生という名のSLから途中下車しますよprz

しかし秋田書店は手塚先生が遺した遺産をとことん使いますね(笑)
遺産はなるべく大事にしてほしいものですが…
はたして「どろろ梵」、この21世紀の平成の世に何を投げかけてくれるのやら
【2007/05/15 23:26】 | 手塚関連 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
トヨタ「プリウス」CM 10年前と10年後
今日は母の日ですね。
そして西では同人誌即売会が開催してますね。
手塚ジャンル参加の方々、頑張って下さい。
そして今日はNHKでNHKアーカイブス「手塚治虫・創作の秘密」再放送!
皆さん、見逃さないようにしましょう♪

そして今回は以上の事柄とは全く関係なく、CMの話です(笑)
手塚スター豪華共演のトヨタ「プリウス」のCMについて、
以前「三菱グランディスのCMに出てたアトムは不義理?」という
記事を書いたのですが、この件に関して「ANCHOR =2nd=」の astroboy-njさんより
コメントにてこういう指摘をいただきました。

>10年前のプリウスのCMも、手塚キャラ総出演だった

つまり出演したCMの順番は

>10年前のプリウスのCM→三菱グランディス→グッドイヤーのタイヤ→現プリウスのCM

10年前のプリウスCMにも手塚スターが出ていたの!?
アトムが出演したのは、三菱よりもトヨタの方が先だったの!?
と、驚いてちょっと調べてみたところ…

確かにそうでしたゴメンナサイorz

参考:自動車CM大全 - プリウス


つかグランディスのCMを紹介してるサイトに、プリウスもちゃんとあるじゃないか…
ちょっと考えれば気付いたのに、詰めが甘かった…。

つまり10年前、プリウスがデビューした記念すべきCMに、
手塚スター達が起用されてたいたわけですね!
そして10年という節目に、トヨタは再び手塚スターをCMに……
まさか手塚プロとトヨタに、こんな深い因縁があったとは知らなかった。
トヨタ、意外と義理堅いじゃないですか!

というわけで、アトムは過去に三菱CMに出てたのにも関わらず
不義理にもトヨタのCMに出た、というわけではなかったのです。
むしろ、トヨタのCMに出たのにも関わらず三菱にちょっと浮気v
というわけだttチガウダロッ!!!!o(*・∀・)つ☆(.;.;)3`)アブッ

アトムは文字通り「かがくのこ」な存在なわけでして
科学技術の結集である自動車産業から見て魅力的な素材なのでしょう。
そろそろホンダ辺りでアシモとの共演はないのかな~?(笑)
しかしまた10年後のプリウスCMが楽しみですね♪
どうせならプリウスのイメージキャラにしてくれればいいのになあ(笑)

ところで10年前のプリウスCMを見て、私はある変化に気付きました。
(下らないことなので、軽い気持ちでお読みください笑)
続きを読む
【2007/05/13 12:25】 | 手塚関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トヨタ「プリウス」CMといちゃもん
手塚ファン的には本当に今ッさらな話ですが、
TOYOTA「プリウス」のCM、皆さん見られました?
私は今のところ、TVでは一回しか遭遇していません(つД`)
朝の「めざましTV」でラオウ葬儀ニュースの後に、やっと観ることができました(笑)
いやあ、まさかの手塚オールスター競演!
こんな豪華なCMって、初めてなのでは?

このCMについて、グローリーさんよりコメントいただきました。

>でもキリコがいたのは意外だったなぁ。

(; ・`д・´) な、なんだってー!! (`・д´・ ;)
驚いた私は、さっそくTOYOTA公式サイトに飛んで確認してみました!

わからん…(もう一度観る)
わからん…(もう一度観る)
うう、ランプの「進化したんだなあ」が涙を誘うラオウ…(´;ω;`)(もう一度観る)
おお、なにげにドン・ドラキュラと七色いんこもいる!(もう一度観る)
わからん…(もう一度観る)
わからん…(もう一度観る)
ピノコかわええ(*´д`*)ハァハァ(もう一度観る)

アッ!∑(゜∀゜)

もしかしてラスト、オールキャストが勢ぞろいの場面で
向かって左、火の鳥の右斜め前辺りにいる灰の長髪っぽい奴がキリコ…???
正解でしょうか、グローリーさん(笑)
だけど正確なところは、やっぱTVの大きな画面で観ないとダメだなあ。

ところでこのCMについて、我が愚弟がこんないちゃもんを付けてきました。
弟「ねえ、知ってる?トヨタのCMで……」
私「知ってるよ、もう見たしフフン」
弟「なあんだ。でもさぁ他のキャラはともかく、アトムがトヨタって…」
私「?」
弟「アトム、不義理じゃね?
私「……………………不義理?」


続きを読む
【2007/04/20 22:30】 | 手塚関連 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
今日はこれだけは言わないと!
アトム、誕生日おめでとうーーー!

昨年末の冬コミで購入したアトム本の、
愛があふれた作品感想や丁寧な考察文を読んで、
それだけでもう、アトムという存在に感動してしまいました。
まだ原作もアニメもちゃんと見ていないのに(´Д`;)

でもこれは、手塚先生の「鉄腕アトム」が知らず知らずに
私のなかに刷り込まれたからこそだと思います。
【2007/04/07 22:45】 | 手塚関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もうすぐ出ます
これから映画『どろろ』を観るにあたって
私からひとこと言っておきたいことがあります。

子供のどろろが成人女性に改変されたのは有名ですが
逆に原作では妙齢な女性達だったのに
映画では

全員幼女に改変

された素晴らしい場面があります。
幼女パラダイス場面(勝手に命名)になったとき
横にいるおでんが激しく(´・∀・`)ニヤニヤしているでしょうが
どうかソッとしておいて下さいprz

では、行ってきます!

※コメント、ありがとうございますつД`)・゚・。・゚゚・*:.。
 帰宅後必ず返事をさせていただきます!
【2007/02/24 09:50】 | 手塚関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハートモデルノv
20070206231215.jpg

なにげにフラッとファミマに寄ったら
あっちょんぶりけしている(違うw)アトムに遭遇!

エエエエエなにこれ!
聞いてないよ!!
続きを読む
【2007/02/06 23:36】 | 手塚関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
『ニッポン人が好きな100人の偉人 天才編』
みなさん、日テレで放映されてた正月特番
『ニッポン人が好きな100人の偉人 天才編』を観ましたか!?
ネットや路上アンケートなどで集めた日本人の選ぶ天才(故人限定)を
100位までランクを発表するという主旨でしたが…

手塚治虫ファン大会で番組の告知をされていたので、
手塚先生が登場するのは知っていました。
しかし…

ごめんなさい。

私、手塚先生をナメていたようです。

亡くなってだいぶ経つし、他にも著名な天才はいっぱいいるので
最悪90位代…まあ、80~70位辺りかなって思ってたんです。

それが50位過ぎても名が出てこないのでアレアレ?と思い
黒澤明、ピカソ、シェイクスピア、チャップリン、坂本竜馬、聖徳太子…
次々と歴史的な偉人の名前が挙げられていくうちに
だんだん胸がドキドキして見入っていたら

なんと!

手塚治虫は11位!


ス..ス...(゚Д゚(゚Д゚ノ(゚Д゚ノ)ノスゲー!!!!

正直、尾崎豊が15位にランクインした時はどうなるかと心配しましたが(笑)
まさかここまで上位に喰い込むとは思いませんでした!
こうなってくるとTOP10に入らなかったのが悔しいヽ(`Д´)ノ(←現金)
っちゅーか、セナがTOP10入りしている事に激しく違和感を覚えるのは間違っているのでしょうか…

それにしても、再現VTRで原稿にペンを入れるシーンがありましたが
あそこで使われた原稿がすごい気になります。
下書の絵に、実際にインクでペンを入れているのですが
明らかに手塚タッチ、しかもBJや三つ目など本物そっくりなのです。
あの下書原稿はどこから…そしてペンを握っていたのは誰…(゚д゚;)

あと、手塚先生の「残酷な描写や希望を失うような漫画はダメだ」の発言に

アンタが言うな!!(゚Д゚)

とツッコンだのは私だけじゃないはずだ。
【2007/01/05 23:06】 | 手塚関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。