スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
地味な近況
ただいま地下に潜伏中。
がんばれおでん。
(と、自分で自分を叱咤している)


ぴのこ練習

スポンサーサイト
【2006/11/24 01:38】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
けっかいしぃいい!
「結界師」…このアニメは
妖怪を退治していくハラハラアクションものなのか
密かに好きな女の子との触れ合いを描くドキドキラブコメものなのか
霊感少年が成仏できない幽霊を救済していく、青春オカルトものなのか
おいしいケーキを作ることに一生懸命な男の子の、成長グルメものなのか
はっきりしておくれ!!!

というかアニメ化されてまだ僅か一ヶ月だというのに
実況スレが一つしか消化されてないなんて
「BJ21」の末期よりもひどい(哀ノД`)゚+.゚゚+.゚

10 名前:名無しさんにズームイン! [sage] 投稿日:2006/11/20(月) 19:29:45.55 ID:48xwTDjv
深夜アニメにも及ばない スレ速 さっさと打ち切れよ

↑この書込みが一番ココロに染みた…

PS
NHK「ラストメッセージ」の実況、最後の分をUPしました。
最新記事じゃないので↓にあります。
【2006/11/20 19:48】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
うぎゃ!
いま「ニュースゼロ」見てたら、
ユニクロの海外進出特集をやってたんですが
ニューヨーク店限定の日本のアニメがプリントされたTシャツとやらに
ブラック・ジャックちぇんちぇいがーーーー!!!

欲しいぞ!

あのTシャツのためにNY行きたい (;´Д`)ハァハァ
【2006/11/14 23:24】 | BJ情報 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
NHKスペシャル・ラストメッセージ 「こどもたちへ 漫画家・手塚治虫」 【3】
いきなりですが、西武の松阪選手がメジャー進出しましたね。
このメジャー進出の何がいいって、この件が報道されるたびに
彼の背後にある西武ライオンズのマスコットが大写しで何度も流されること。
アメリカの人にも、嫌でもあの白いライオンの姿が目に入ることに(笑)
世界的にちょっぴり知名度が上がることに貢献してくれましたね、松阪選手。
私は野球のことあまり知らないんですけど、物心ついたときから存在するマスコットは
もう、このレオしかいませんね。
あとのチームのはどんどんデザインが変わったり新旧入れ替ったりしてますから…。
今のマスコットたちって、やたらアメコミナイズされたキャラじゃないですか。
そのなかにある、いかにも日本の漫画くさいレオは馴染み深いし、見ていてホッとします。
これからもデザインを変えることなく、このマスコットを末永く大事にして下さいね、西武!
ちなみに野球のマスコットについてはこちらのサイトが詳しいです。

ところで、NHKの番組「ラストメッセージ」の、最後の実況をお送りします。
どうもお待たせしてすみませんでした。もう忘れられてるかと思いますが(笑)
実況民たち、なんじゃかんじゃキツいことを言いつつも
手塚先生の晩年と死を迎える下りには熱くなっていました。
私はこの実況民たちにちょっと感動を覚えました(笑)
続きを読む
【2006/11/14 13:07】 | BJ雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
NHKスペシャル・ラストメッセージ 「こどもたちへ 漫画家・手塚治虫」 【2】
今週はいきなり忙しくなってしまい
更新どころの騒ぎじゃありませんでした;
私も絵を描いたり文を書いたり萌え語りしたりしたいのになあ。

ぱったり止まっていた手塚先生が出ていた「NHKスペシャル」の
実況の抜粋を今回もUPします。
録画していたのを改めて視聴しながら読むと臨場感があって面白いです(笑)
テヅカなんてシラネって人から、かなりディープであろう手塚ファンが
一同に会してワイワイ言い合っているような気分になります。
続きを読む
【2006/11/10 21:37】 | BJ雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
NHKスペシャル・ラストメッセージ 「こどもたちへ 漫画家・手塚治虫」
今夜21~22時に放映されていた『NHKスペシャル・ラストメッセージ 
「こどもたちへ 漫画家・手塚治虫」』を観ました。
実はもっと堅苦しい番組を想像していたんですが
先生の最期の講演や仕事風景、幼少時代などの貴重な映像や、
あらゆる識者が手塚先生について語るインタビューなど
蓋を開けてみればさすがNHKと唸ってしまう骨太な作りの番組でありました。
これは録画してよかった…!

先生の動く姿や優しげな声色に感激した私は、
ふと他視聴者の反応が気になりまして2chの実況を覗いてみれば、
スレが7つも消化されていました。
中身を読んでみると、やはり同じように感動したり逆に疑問を呈したりと
なかなか読み応えのある書込みがたくさんありましたので、
資料として保存しました。
それをちょっぴり抜粋してみます。
不特定多数の書込みですので、辛口な意見もあることをご了承下さい。
それでも、手塚先生に改めてリスペクトする人が多かったんですけどね。

※コメントのお返しはもう少しお待ちくださいm( __ __ )m
続きを読む
【2006/11/05 23:31】 | BJ情報 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
DS『ブラック・ジャック 火の鳥編』ストーリー詳細
あと2日でDS『ブラック・ジャック 火の鳥編』発売日!!
いま思ったけど、どうせなら今日、発売すればいいのにね。
そうしたら手塚先生の誕生日で、いい記念になったのに。
SEGAも気が利かないなあ(おい)
まぁそれは置いといて(笑)
その代わり今日、DS版BJについて新情報を入手しました。
やっと機軸となるストーリーの詳細やビジュアルが明らかになりました。
続きを読む
【2006/11/03 20:22】 | BJ情報 | トラックバック(2) | コメント(4) | page top↑
漫画神降臨日
今日は手塚先生の誕生日ですね。
おめでとうございます。
先生が日本に生まれて来てくれてよかったと
そして先生がいた日本に生まれることが出来てよかったと
本当に思います。
マンガのない人生って想像もつかないなあ。
小さい頃「外国で暮らしたいなあ」と言ったら
親に「外国にはマンガはないぞ」と言われて
物凄くビックリというかショックを覚えたことがあります。
それが今ではマンガは世界共通の文化として広まっている。
世界のあちこちで、人々がマンガに影響を受けている。
先だって【「鉄腕アトム」が日本の漫画だと知って衝撃を受けた韓国人】という記事を
読んだ時は恥ずかしながら、ちょっと泣きそうになりました。

--------------------------------
『少年アトム』が実は日本の漫画だったという事実に、
幼いながら裏切りに近い衝撃を覚えたものだ。

なぜなら、私はホ・ヨンマンの『カクシタル(嫁の仮面)』で代表される
対日抗戦の時代劇を観て育った漫画少年だったためだ。
しかし、アトムだけではない。
初めて私の神話的想像力を刺激した『火の鳥』や『ジャングル大帝』まで、
すべてが日本の漫画だったという事実は、それらが全部韓国の漫画だとばかり思って、
耽読していた私を深い劣敗感へと落とし入れた。

これらの漫画が手塚治虫という人の手によって創造されたということを知った時、
私は驚愕した。
日本の誰かが、韓国に住む一人の少年の幼年時代を支配していたのだ。
私は私を支配している人が、一体どういう人物なのか、知らなければならなかった。
--------------------------------


「日本の誰かが、韓国に住む一人の少年の幼年時代を支配していたのだ。」
この一文に、身震いするほど興奮しました。
時代を飛び越え国を飛び越え、1人の少年を支配してしまった。
なんて怖ろしくも甘美な力なんでしょう。
こんな魔力を死後も放ち続けている手塚治虫という人は、
やはり神と称されるのにふさわしい。


【2006/11/03 14:13】 | BJ雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。