スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
m9(^Д^)プギャーと『ゲド戦記』感想
先週、3万HIT記念の小話を書くので
シチュのリクエストを募ったのを覚えておいででしょうか?
みなさまあの記事を読んで下さってありがとうございました。
あれから一週間たちまして募集状況なんですが

*゚:;+.☆リクエストは0件☆.+;:゚*

ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ


あ、常連さんの貴重な一件がありました!
残念ながらシチュじゃないので話を起すのは難しいのですが
コメント内容には思わず吹きだしてしまいました(笑)
本当にありがたい一票でございました。感謝します ・゚・(つД`)・゚・
実はワタクシ、プライベートでちとゴタゴタしておりましたのもので
コメントやメールのご返事が滞っておりますが
ぼちぼち返していきたいと思いますのでどうかお待ち下さい。

それにしても、ものの見事なm9(^Д^)プギャーな結果に
私も嘆きを通り越して爆笑を禁じえませんwww
これは皆様から爆笑ネタをひとつ授かったのだと有難く受け止めまして
これからの私のネタの糧としていきたいと思います(笑)
そんなわけで3万HIT記念小話は、私で何とか考えることにしましょう。

さてさて。
そんな失笑話とは別に、実は映画『ゲド戦記』を観てきました。
その感想をちょろっと書きたいと思います(ネタバレあり)
.
昨日、アニメBJの「恐怖のフェニックス病」の感想を書くのに
映画『ゲド戦記』を引き合いに出しましたので
その責任をってわけじゃないのですが(笑)
今日、あの映画を観てまいりました。

観て、個人的にちょっとビックリ。
『ゲド戦記』のなかでも「永遠の命」を巡るドラマが繰り広げられていたからです。
要するに、死を怖れて不老不死の力を得ようとする魔法使いクマと
永遠の命を欲するなど愚かだとする大賢人ゲドとの対立から端を発し
心に闇を持つ王子アレンや両親に虐待された過去を持つ少女テルー等が
その争いに関わっていくわけです。
「永遠の命を手に入れる為の研究(ノワールプロジェクト)」の謎が
ついに明らかにされたアニメBJを観たばかりの私にとっては
何しろ昨日の今日のことですから、そのタイムリーさにはマジでビックリ。
つまりマコちゃんもゴロウちゃんも、偉大なお父さんが築いた遺産を使って
「永遠の命を巡る人間ドラマ」を同時期に創っていたわけですね。
そのシンクロっぷりタイムリーっぷりは、鑑賞する一人に過ぎない私にとっては
なんとなく不思議なものを感じますね。
この現象に何か大きな意味があるかもしれないと、ふと考えてしまいます。

しかし「永遠の命を巡る人間ドラマ」については
マコちゃんのぱぱ手塚治虫先生が、漫画『火の鳥』で一つの答えを出しているはず。
その手塚先生の答え以上の、もしくは新しい視点からの答えを見られるかと思いきや
ゲドやテルーの台詞でもって語られたテーマは
手塚先生が出された答えの焼き回しでしかありませんでした。
特に目新しさもない、予想どおりの答えだったのは正直残念です。
もう少し捻りがあれば「なるほど!」と思えたかもしれないのに…。

ただ個人的な感想をいえば『ブレイブ』よりは良かったかなあ(笑)

……
うーん…「どっちもどっち」かな…w
『ブレイブ』はいろんなエピソードや設定を詰め込みすぎたせいか
展開はやすぎ、登場人物多すぎで、話についていけない。
『ゲド戦記』はいろんなエピソードや設定を整理しすぎたせいか
起伏のない淡々とした展開、関わる人も少なくて、話がよく分からない。
そして両作品とも、せっかくのドラゴンを全く扱いこなせてない(笑)
でも☆ひとつしか評価できないほどの駄作じゃないと思いますよ。
作品の質に見合った宣伝活動じゃないのがいかんのでしょう。
映画「ふたりの黒い医者」を大ヒットと言qあwせdrftgyふじこlp
スポンサーサイト
【2006/08/01 21:42】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<露骨すぎゆ; | ホーム | 21-14:「恐怖のフェニックス病」 >>
コメント
リクエストするよりも、おでんさんにおまかせした方が遥かにチュテキな作品を読ませてもらえるであろうという満場一致のもくろみですよ。
私もたぶんその一人。
【2006/08/03 02:19】 URL | 常連 #-[ 編集] | page top↑
常連さんへ
心温かなフォロー、ありがとうございますつД`)・゚・。・゚゚・*:.。
でも「たぶん」の一言に、常連さんの
冷静な判断が垣間見えますね(いえいえ正しい考えと思いますぞ)
満場一致のもくろみ&勝手にさらせの
両面の声援にお応えできるような
作品が作れるようにがむばりますo(・`ω´・)○))
【2006/08/03 23:36】 URL | おでん #CM5z1lKM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japino.blog45.fc2.com/tb.php/143-58ee28b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。