スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
こっそり世相ネタ(BJとは関係ありません)
先だってついに某死刑囚の死刑が確定したことによって
ここ最近、杉浦正健法務大臣の名をちらほら目にいたしました。

このブログの主旨とは全く関係ない話題でごめんなさい。
ただ個人的に、杉浦法相の名前を拝見して思い出したことがあるのです。
というのもワタクシ、杉浦法相とお会いしたことがあるのですよ。

.
と言っても、選挙時の候補者と有権者という立場での出会いですけどね。
残念ながら私は杉浦正健氏の地元民ではないのですが。

あれは前回の衆議院選挙のときでした。
その日、私はまだ子どもだった飼い犬にワクチン注射をする為に、
とある動物病院に初めて行きました。
注射も滞りなく終わり、会計を済ませるために待合室でぼーーっとしていると、
獣医の先生がいきなり慌ただしく私のほうへ走り寄ってきて
「ちょっとごめんなさい。あなた、こっちに来てくれませんか?」
とおっしゃるのです。
そのとき、待合室には私しかいませんでした。
理由も言わずとにかく来てくれの一点張りで狐につままれたような気分でしたが
先生や周りのスタッフも非常に慌てているような様子でしたので
私も犬を抱いて、先生の後ろに急いでついていきました。
病院前で先生やスタッフ達、そして私と犬が勢揃いで佇んでいると
やがて自動車がスーッと入ってきました(選挙カーじゃなかったな、そういえば)
車内から現れたのは、もちろん前述の杉浦正健氏。
たぶん秘書や選挙スタッフであろう大勢の人間を引き連れてやってきました。
動物病院側はよくぞ来てくれたとばかりに拍手をしてお出迎え。
ここでやっと、私は合点がいきました。
たぶんこの病院は杉浦氏の支援者なのでしょう。
杉浦氏は選挙に当たって各支援者たちにご挨拶巡りをしていたのでしょう。
それで病院側はなるべくたくさんの人々で杉浦氏を迎えるために
数合わせとして、たまたまいた私を連れてきたのでしょう。

杉浦氏はにこやかに先生やスタッフ達と、「よろしく」と握手していました。
周りも「頑張って下さい」と答え、非常になごやかな雰囲気でした。
やがて最後に、杉浦氏は私に握手を求めてきました。
私と握手をしながら、杉浦氏はふと抱いている犬に目を留め尋ねました。

杉浦氏「この犬は貴方の? 小さいねえ」
ワタクシ「はい、まだ子どもなんです」
杉浦氏「そうかね(犬の頭を撫でる)この犬は土佐犬かね」


日本国民の皆さん。

我が国の法務大臣は

土佐犬と柴犬の区別もつかん

非国民御方ですぞ。



ちなみに柴犬はコチラ
土佐犬はコチラ

全然違うと思うんだけど……(´・ω・`)

あ、もしかしてうちの犬が柴犬にしては変わった姿してたからかも!(゚∀゚)

うちの犬(現在)
うちの犬(現在)
柴犬としてはごくごくスタンダードだと思うんだけど……(´・ω・`)
スポンサーサイト
【2006/09/19 17:30】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<投下作品(実質ラクガキ)公開 | ホーム | ぬ~べ~を久しぶりに読む>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japino.blog45.fc2.com/tb.php/240-d3cf8681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。