スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
観ちゃいました(笑)
毎月曜 開始午後7:00 終了午後7:30 CH7(中京テレビ/日本テレビ)
これは私のDVDデッキに、今も残る録画予約の設定です。
察しのよい方は、すぐピンと来たことでしょう。
そうです、アニメ「ブラック・ジャック」の録画する為の予約設定なのです。
9/4にアニメが終了したのだから、もうこの予約設定は不要です。
しかし……。
クリア(消去)ボタンを押そうとする度に躊躇ってしまうのです。
もう無意味だ、単なる未練だと分かってはいるのですが、
どうしてもこの曜日時間帯CHの設定を消すには忍びなくて…



というわけで

観ちゃいました『結界師』(´∀`*)


私がBJのアニメを観るようになって、いろんなものを得ましたが
この『結界師』もそのひとつです。
BJのアニメを観ていなかったら、私は『結界師』という作品の存在を
知ることはなかったでしょう。
そんなわけで、私は原作である漫画は読んだことありません。
アニメで得た知識だけで感想を書きます。

ではまず、私が最もエキサイトした場面から。

お話は主役が9才の頃に遡って始まります。
主役の男の子は妖怪退治を生業としているのですが
幼いこともあってまだまだ力不足で精神的にも未熟。
そのため、ところどころで悔し泣きする場面が出てきます。

子どもだから泣き顔けっこうカワイイね。
こういうのショタ好きな人にはたまらないんだろうなあ(棒読み)

おや、主役の子には弟もいるんだ。
更にちっこくてお味噌汁飲む仕草とかかわいらしい。

しかもこの兄弟のお父さんは、フリルのエプロンを着てご飯を作る
家庭的で婿養子で子どもに甘そうで優しそうな男性。

原作者が女性ってのが、すごくよく分かる家族像だなあ(笑)

んーーーー今回のアニメは、私にとって萌え要素はなさそうだ。
では、純粋に妖(あやかし)とのバトルを楽しもう…

と思ったら。


(*´д`*)ハァハァ
キタ━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━!!!!

(*゚∀゚)=3
なにこのかわいい女の子 (;´Д`)ハァハァ
金髪で巻き毛で…おまけにフリルの服がよく似合ってて、凄く好みなんですが!

(*´д`*)アハァ?
「あのう…ごめんなさい、ここに来たら傷が早く治るって聞いて……
 でも、すぐに出ていきます…だから……」

血が出てゆ!ちぇんちぇい治ちてあげて。・゚・(ノд`)・゚・。(だから違う)
声も儚げでめちゃめちゃカワエエ(*´д`*)ハァハァハァアハァ

こんな健気でカワイイ女の子が登場するなんて!
よーし、これからも毎週『結界師』観るぞぉ!!.+゚ヽ(*`゚∀゚´)ノ.+゚



ばりばりばりばりばり(幼女顔面崩壊)


(゚Å゚)……

prz

要するに幼女の正体は巨大で凶暴なアヤカシだった、というオチ。
そしてあっさり退治されてしまいました…。
実は伏線が貼られていたので、すぐに正体は察っしていたんですが
一話限りのやられキャラには勿体ないほど可愛らしいので
一瞬ユメを見てしまったのが間違いだった…(哀ノД`)゚+.゚゚+.゚

『結界師』全体の感想としては、けっこう良かったですよ(笑)
私としてはアヤカシを退治するシステムがシンプルなのが嬉しい。
よく最近のカードバトルを主としたアニメって、ルールやシステムが難しいじゃないですか?「○○○で××の効力により■■■は△△できない!」とか言われても
カードゲームやらない私にはちんぷんかんぷん。
そういう意味では説明も分かりやすかったし、一発で理解することができました。
学校が建てられた土地は、実は城跡で…という設定も面白いと思いました。
ただ初回だから仕方ないんですが、このアニメのメインが妖怪退治なのか、
主役とヒロインのラブコメなのか、いまいち迷走気味なのが気になりました。
初見の印象だと「妖怪退治を通して二人の恋愛が深まっていく」様子を
楽しむアニメなのかな、と感じましたが…。
だとすれば、主役とヒロインの魅力にこのアニメの命運がかかってますね。
個人的には今のところ、ちょっとヒロインに感情移入しにくいかな…。
ラブコメの王道として、主役とヒロインを必要以上にいがみ合わせるのは分かるんですが
思春期ど真ん中の14才の少年に対して「気持ち悪いのよアンタ」ってどーよ;
美人で妖怪退治に秀でて勉強の成績も優秀で分け隔てなく優しくて
男生徒に隠れファンが多くて女生徒の嫌味にも華麗にスルーできて
…という完璧な女の子でも、あの失礼な一言でちょっと萎えちゃった。
「気持ち悪い」ってどんなに親しくても洒落にならん発言だと思うけど…。
しかも完全に冗談やからかいのノリじゃなかったし…。
あ、この主役に対してだけってところがポイント?
ウウム、だとしたら僅かにポイントがズレているような気がするぞ(笑)
とはいえ、私がラブコメに慣れ親しんでいないので
こういうノリや女の子キャラに乗りにくいだけかもしれないですね。
私としては、もっとバシバシ妖怪退治するところを観たいです。
それにしても、あのカワイイ幼女はもったいなかったなあ…・゚・(つД`)・゚・

あ、そうそう。
どうやらこの主役とヒロインの一族の400年前の師匠は
BJの遠い親戚らしいですぜ(笑)
主役が使う術が「間流結界術」で、その開祖は間時守なんだって
(その間さんは子ども作らなかったらしいが)
BJともちょっとは繋がりがあるってことでひとつ(ねーよ)
スポンサーサイト
【2006/10/16 23:23】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<祝☆アニメ「デスノート」中部地区放送開始 | ホーム | ジャピノ記念日 その3>>
コメント
>おでんさん
実は私も観ちゃいました(笑)今期のアニメはTBSの「天保異聞 妖奇士(あやかしあやし)」を始め“妖(あやかし)”ブームが起こっているようなので、「結界師」もこのブームの波にのるヒット作になる可能性は大ですね・・・。

ところで「ブラック・ジャック 火の鳥編」公式ホームページが更新されています!!「七色いんこ探偵事務所」、さらにケンイチ少年の「新宝島」コーナーの詳細が分かりますよ☆
【2006/10/17 18:08】 URL | RIO #HfMzn2gY[ 編集] | page top↑
>今期のアニメはTBSの「天保異聞 妖奇士(あやかしあやし)」を始め
>“妖(あやかし)”ブームが起こっているようなので、
>「結界師」もこのブームの波にのるヒット作になる可能性は大ですね・・・。

妖怪ブームは何年かの周期でやって来ますね。
なぜなんだろ?(笑)
もしかして映画「どろろ」もそのブームを見抜いた先見性の賜物なのでしょうか。
このまま鬼太郎のリメイク企画が出てくれないかな(笑)

>ところで「ブラック・ジャック 火の鳥編」公式ホームページが更新されています!!
見ました見ました!!!
ピノコの紹介が
「BJの娘のような女の子。本人は奥さんだと言い張っている」
ってのがちょっと…。
いや、仕方ないんですがね…prz
【2006/10/19 12:36】 URL | おでん #CM5z1lKM[ 編集] | page top↑
>おでんさん
>このまま鬼太郎のリメイク企画が出てくれないかな(笑)
「ゲゲゲの鬼太郎」は来年だかに実写化決定ですよ!!鬼太郎がウエンツ瑛士、ねずみ男が大泉洋だったかな・・・?
やっぱり今年~来年は妖怪ブームなんでしょうか(笑)
【2006/10/19 18:34】 URL | RIO #HfMzn2gY[ 編集] | page top↑
RIOさんへ
>「ゲゲゲの鬼太郎」は来年だかに実写化決定ですよ!!
>鬼太郎がウエンツ瑛士、目玉のおやじが大泉洋だったかな・・・?

思わずぐぐっちゃいました(笑)
実写化って、TVじゃなくて映画なんですね!
2006年公開って、夏の話なのかな?
冬の「どろろ」、夏(?)の「鬼太郎」といった具合でしょうか。
来年は本当に妖怪ブームですね(笑)
日本土着の妖怪(実質は幽霊族)の鬼太郎が
洋顔なのにはちょっと納得いかないのですが
よい意味でファンを裏切ってくれるのだろうと期待します!
【2006/11/01 00:09】 URL | おでん #CM5z1lKM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japino.blog45.fc2.com/tb.php/288-72b7a256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。