スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
手塚治虫ファン大会レポ【その1】
私は漫画家のファン大会なるものに参加したことはありません。
そもそも漫画家のファン大会って、何をやるんでしょうね。
これがミュージシャンやアイドル、タレントならば
限定ライブとかトークショーなどが想像できるのですが
極めて動きが乏しい職業である漫画家が大勢のファンを前にして
何を見せてくれると言うのでしょう。
せいぜい握手かサインぐらいじゃないでしょうか。
あとお話が上手な人なら、ちょっとした制作裏話ぐらい出来るかもしれません。
となると、いわゆるサイン会が関の山ではないでしょうか。
「漫画家のファン大会」と聞いてそんな想像しか出来ない私にとって
手塚治虫ファン大会はまさに未知の領域でした。
しかも主のいないファン大会です。
本人の姿も肉声も生で得られないのに参加する意義はあるのか。
本人の存在がないまま手塚プロは何を見せてくれるのか
そういう疑問とちいさな不安を胸に宿したまま、私は約23年ぶりに行われた
手塚治虫ファン大会に初めて参加いたしました。

ではこの手塚治虫ファン大会、実際には何が行われていたかといえば
簡単に言うと「ファンサービスと企業プレゼンテーションの融合」でした。
手塚作品に縁のある人達のトークや秘蔵映像などのファン向企画と、
手塚プロが「仕事紹介」という名目で部署ごとに行うプレゼンと、
大きく分けて二つの内容が織り交ぜられて展開したのです。
裏話や映像で手塚ファンのご機嫌を取りつつ、
手塚治虫だけではなく手塚プロへの理解と応援もお願いする、という感じでしょうか。
要するにぶっちゃけると「もっと手塚作品を買ってね!」って事でしょう(笑)
手塚治虫ではなく手塚プロが、初めて手塚ファンに直接歩み寄ったのかもしれませんね。

それでは、参加した私の主観と曖昧な記憶によるレポを
始めたいと思います。
.
2006年12月17日(日)
会  場○東京・赤坂の草月ホール
受付開始○11:30
開  会○12:30
閉  会○18:00


そもそも私が手塚治虫ファン大会に参加できたのは
凛しゃんこと凛水さんのおかげでした。
参加するには招待券が必要なのですが、一枚につき2名まで参加できます。
そこで凛しゃんのご厚意により同行者として便乗させて頂いたのです。
凛しゃんには本当に感謝しております。ありがとう!
ぽーしゃんめぐしゃんりすこしゃん、そして初めてお会いするみかんさんと共に
会場に到着したのが約11時ごろだったのですが
20070105104743.jpg
すでにロビーには長蛇の列!
先に到着していた凛しゃんに10時半ごろメールした時は
「4人位しか並んでいませ~ん」だったのに(笑)
それにしても、いわゆる手塚ファンの皆さんに初めて遭遇した訳ですが
これが実に予想以上に世代が幅広かったです。
「新宝島」から読んでいるぜと言わんばかりの年季の入った男性も結構いたし、
妙齢のご婦人がたの集まりも多く見かけました。
もちろんアストロボーイやBJでハマッたと思われる若い子達もいっぱいいました。
意外だったのは小さいお子さんを連れた家族参加も少なくなかったこと。
まさに新旧のファンが入り混じった、濃いぃ雰囲気でした(笑)
まるで馬場さんが亡くなった直後の全日(全日本プロレス)のようだ。

それはともかく。
凛しゃんのおかげで、私も先頭より5番目くらいに並ぶことができました。
前のほうに並べたおかげで、まだ閉ざされた会場の方から
マイクテストと思われる司会らしき声や映像の音声などが耳に入りました。
おまけに手塚プロの社長松谷氏がロビーをウロウロしていたので
ここで一気にボルテージが上昇しました!
20070105103710.jpg
因みに受付は、このようにFC会員と一般と二手に分かれていました。
FC会員の方がより優先的に前列席に座れるようです。
後ろに見えるオレンジ色の列は、参加者に配布された「なっちゃんソーダ」です。
このジュース1本で6時間の長丁場に耐えねばなりません…。

受付を済ませて会場へと続く階段を下りていくと、
その先には着ぐるみアトムがお出迎え!
密かに着ぐるみキャラ達に会えるのを楽しみにしていたので、これは嬉しかったです!
といっても、会えたのはアトムだけでしたが;
BJやピノコも期待してたんだけどなあ。う~ん残念!
開会までまだ1時間もあるので、グッズ販売コーナーで買い物したり
セル画や原稿などの展示物を見学して過ごしました。
展示物で個人的に興奮したのは「二人のピノコ」のラフ原稿
「ネオファウスト」のラフ原稿です。
ファン大会直前に放映されたNHKの「ラストメッセージ」を見たばかりなので
手塚先生が震える手で書いた絶筆の「誰なんだ」を生で目にすることができて、
本当に身が震えました。これが先生の最期の…(´;ω;`)

他にも自由に絵が描ける落書コーナーもありました。
やっぱりアトムとBJのイラスト率が高いですね。
よくよく見ると、オンやコミケで目にしたことがあるような絵も…(笑)
もちろん、我々もさっそくカキカキしました!
20070105104803.jpg
りすこしゃん、めぐしゃんは美大生だけあって安定感のある絵!
私のは今見ると、ガタガタで緊張感まるわかりです(笑)
そうそう。待ち合わせしたのにも関わらずロビーで会えずじまいだった
アトムの騎士さんの絵をここで見つけた時はホッとしました(´∀`*)

そんなこんなでうだうだしていたら、いつのまにか会場の扉が開いていて
中のスクリーンで歴代手塚アニメのOPが流されていました。
ここでの収穫は伝説の最短打ち切りアニメ「ドン・ドラキュラ」の
OPが見られたことです!(笑)
凄い、ドンドラ役の内海賢二さん自らが歌っているよ!!!
だけど良くも悪くもノリがいかにも80年代アニメ。
あの誇り高きドンドラ様が、単なる女好きの尻軽っぽいキャラにされてる(哀ノД`)゚+.゚゚+.゚
「うる星やつら」の諸星あたるみたいな…違うと思うんだけどな~。
何より許せんのはチョコラが白髪なことだ!!!!
ナニあの有り得ない配色!!!!!!!
原作でもはっきりチョコラは赤毛だと言ってるのに!!!!!!
OPを見られたのは嬉しいけど、少し残念…というかショックだったなあ。
父娘であるドンドラとチョコラが、やたらラブラブしてるのは良かったんだが(笑)

と、私が(# ゚Д゚) ムッキーとなっているうちに、
いよいよファン大会の幕が上がったのです(笑)
20070105105526.jpg

とりあえず今回はこの辺で…
って、まだファン大会始まってもいないじゃないか;
スポンサーサイト
【2007/01/06 03:19】 | 061217手塚治虫ファン大会レポ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<手塚治虫ファン大会レポ【その2】 | ホーム | 『ニッポン人が好きな100人の偉人 天才編』 >>
コメント
私もファン大会参加しました!!

もしかしたらどこかですれちがってたかもしれませんね(笑)


アニメBJからハマってジャピノ好きです(≧▽≦)丿


限定販売のところが混雑してて、後で見に行けばいっか♪と甘く考えてたらBJの設定資料集完売してました…

見たかった(´A`)


長々失礼しました
【2007/01/06 21:12】 URL | なや #-[ 編集] | page top↑
なやさんへ
はじめまして、ようこそ我がブログへ…って、
はじめまして、ですよね?;
もし以前にコメントくださっていたのならごめんなさい( >Д<;)

>私もファン大会参加しました!!
>もしかしたらどこかですれちがってたかもしれませんね(笑)

なやさんも参加されていましたか♪
あの狭い空間に、あれだけ多くの人間が詰め込まれていたのですから
確実にスレ違っていたことでしょう(笑)
そしてジャピノ好きですか!!嬉しいですvv
お会いできていたなら、ぜひジャピノ語りしたかったですね(ノ∀`)

>限定販売のところが混雑してて、後で見に行けばいっか♪と甘く考えてたら
>BJの設定資料集完売してました…

完売してたんですかΣ(゚Д゚ υ)
すごい人気だとは思いましたが、まさか無くなるとは…すごい!
知り合いによると、東京駅で期間限定で出店される
「東京アトム」でも発売されているそうですよ。
もっとも期間が過ぎているかもしれませんが(´・ω・`)
あとは通販とかされていないんでしょうか?…
なかなか見応えがあったので、なやさんがぜひ入手できることを祈ります。
【2007/01/07 18:42】 URL | おでん #CM5z1lKM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japino.blog45.fc2.com/tb.php/369-80cff472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。