スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
間夫妻のちょいエロ夫婦生活~その2~
遅くなりましたが、先週の土~日からかけて
雛さんとこの絵チャ会に再び参加させて頂きました。
イラストも描けないのに皆さん暖かく迎えてくださり
本当に楽しいひとときを過ごさせて頂きました。

それにしてもイラストを描ける人たちって
やはり発想力が違いますね。
「これ描いて」と字で指示されたことを絵で答えるということは、
字→絵へと素早く脳変換しなくてはいけないわけです。
つまり単純に「温泉の絵」という言葉だけで
百通りの答えがあるのですよね。
私は絵チャ会に参加して皆さんのイラストを見るたび、
そういう点に感服すると共に大変うらやましく思うのです。
私だったら「キス絵を描け」と言われたって
たぶん白紙の前でアウアウするばかりですからね、きっと;

さて、前回の絵チャ会で描かれたイラストに触発されて
私は参加もしていないのに小品を投下したのですが
それが思いのほかお褒めの言葉を頂きました。
そんな言葉をちょいとばかり真に受けて(笑)
ちょいエロ夫婦生活第2弾を投下いたします。
といっても、今回は絵チャ会によるものではありません。
2/23にて「BJが結婚したら結婚指輪をするだろう」といった記事
公開したところ、帆純さんがご自分のサイトにて
結婚指輪をはめたBJのイラストを描いてくださり、
しかも、そのイラストを私に捧げて下さったのです。
そのイラストに大変感激いたしましたので
今作は指輪にまつわる、ちょいエロ小品を書きました。
ぜひ帆純さんに…と思ったのですが、
今回は「夫婦逆転」ではなく終始BJペースの内容なので
ちょっと帆純さんの好みではないかも…;

ぬるいエロティックな小品ですので、
そういうのが大丈夫な方だけ↓どうぞ。


今作はぬるいどころかキスすらしていません。
だから期待した方は肩すかしを食うかも…;
またあくまでもプロの物書きではありませんので
作品的に未熟なのもご容赦ください。
それでは肩の力が抜けたところで、下スクロール。
                 
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓

-----------------------------------------------------------------
少し遅い夕食の後片付けを終え、ピノコは濡れた手をエプロンで拭きながら一息ついた。
毎晩の作業とはいえ、洗い物はけっこうな重労働だ。やっとゆっくり出来る…とホッとして振り向くと、居間でTVを眺めているBJの姿が見えた。
食後すぐに書斎にこもってしまうことが多いのだが、今夜はどうやら面倒な書類作業はないらしい。上着もベストも脱ぎ、リボンタイも緩めた状態で、古ぼけた絨毯の上に腰を下ろして寛いでいる。

(今夜は2人っきりでイチャイチャTVが見られるのね)

ピノコはさっさとエプロンを外すと、弾むような足取りでやって来てBJの横に寄り添うに座った。そして左肩に頭を乗せ、彼の体に凭れかかった。
急患に邪魔されない限り、これぐらい甘えたっていいだろう。
衣服越しに筋肉の張りと体温を感じ取り、ピノコは軽く眩暈にも似たものを感じて、たちまち全身の力が抜けていった。
だがBJは、とりあえず左腕をピノコの背中に回して脇腹に添えたものの、彼女の顔には一瞥もくれず、相変わらず視線をTV画面に送っている。

(――ん、もぉ)

おざなりな態度にピノコは頬をぷく~~と膨らます。TVではどうやら医療関連の特集番組を放映しているらしい。次々と世界中の名医と称される医師たちが登場し、彼らの偉業を伝えている。これでは彼が真剣にTVに見入るのも仕方ないのだが…。

「ねぇ、何か飲みたくない?ビールでも持ってきまちょうか」
「別にいらない」

気を惹こうとした問いにも、あえなく玉砕。洗い物作業に疲れて自分も少し咽喉が渇いていたのだが、拒否を即答されると立ち上がる気力もなくなる。
ピノコは溜息をつくとBJの左手を引き寄せて握り締めた。その薬指には鈍色にひかる指輪がはめられている。彼があたしの夫だという証。どんなに落ち込んだ時にも、この結婚指輪を一目するだけでピノコは元気を取り戻せるのだ。
愛しそうに指輪を撫でると、BJの手を口元へと寄せて指輪に柔らかな唇を押し当てた。
ありったけの想いと共に、ピノコの口から熱い息が絶え間なく出てきて、指輪やその周囲にかかる。ピノコはうっとりとキスしながらBJを伺い見た。しかしその横顔は全く表情を崩しておらず、まるでこちらに関心がないことを告げているかのようだった。
さすがにむっとしたピノコは薬指の先をパクリと咥え、わざと歯を立ててやった。もちろん余り痛くはしないが、こちらの存在をアピールする位の力を加える。

(奥さんをほっとくなんて許せないのよさ)

それはちょっとした懲らしめのつもりだったのだ。

「――ウッ!?」

不意に襲った衝撃にピノコは呻いた。
BJの薬指が、いきなりずるっと唇の隙間から侵入してきたのだ。
反射的にピノコは後方へと逃げたが、指はピノコを追い詰めて更に喉奥深く入ってくる。とうとう付け根の指輪まで口内におさめると、BJの指が激しく動き出した。ぐいっと押し込むようにして、そこに大きくビブラートさせている。

「んんっ……く…」

ピノコは眉間に皺を寄せて苦しげにうめき、BJの指から逃れようと必死に体をくねらせた。だが、背中に回った彼の腕ががっしりと捉えて、これ以上身動きがとれない。もはやBJの手首を掴んで押し止めるのが精一杯だった。

(どうして!? なんでいきなり、こんな……)

突然の行為に軽くパニックになったピノコに構わず、BJは指をねちっこく出し入れしていた。先ほどまで咽喉はカラカラに渇いていたはずなのに、気がつけば口の中には涎でいっぱいになっている。指の動きに合わせて、くちょくちょという湿った音が耳に入ると、ピノコは恥ずかしさを覚えずにはいられなかった。

「…ふぁ!?」

そんな彼女を嘲笑うかのようにBJは中指も突き入れてきた。程よく濡れてきたおかげで、にゅるりといとも簡単に吸い込まれていった。ピノコは二本目の指の侵入に身体を反らすと、掴んでいた手首をぎゅっと握った。

(…苦しい……もう、やめっ……)

ピノコの中を二本の指が、溢れ出る唾液を掻き混ぜるように動いていた。手の向きを変え指先を曲げるようにして、上顎の内壁を擦っていく。口内を蹂躙する暴君にむせ返りそうになりながらも、ピノコは為す術もなく耐えるしかなかった。どうやって呼吸していいか分らなくなり、硬く目を瞑ったまま、んふっんふっと荒い鼻息で呼吸を繰り返した。

「…ぅむっ……ふぁんん……」

ふぁんん絵/帆純アキさん作

ピノコの息遣いは次第に荒くなり、頬は上気して赤みが増した。可憐な唇で指を含み、息を喘がせている姿はたまらなく官能的にすら見える。そんな彼女を横に、BJは相変わらずTVを眺め続け、ピノコには全く関心を払わなかった。まるで指だけが別の意志を持っているかのようにピノコの口を嬲り続けていた。
しかしピノコは、BJの暴挙にもう抵抗することはなかった。
いつの間にかピノコはすっかりBJの指に夢中になっており、周りのことが見えなくなっていたのだ。

「ん……ぢゅ………ぅ…ぢゅ……」

最初は逃げていたピノコの頭が、もどかしげに指を追うように動いていた。舌の平を指に纏わりつかせるようにして、顔を前後に動かす。ちゅぷっぷちゅっと音が出て、ピノコの口端からは唾液が幾筋も垂れてきた。しかしそれにも構わず、ピノコはもっと指を飲み込もうと口を出来るだけすぼませて、ちゅるるっと強く吸引した。

「……っ…」
(――あ)

BJが小さく吐息をついたのにピノコは気付いた。それは初めて彼が見せた甘い反応。

(気持ちいいんだ……)

嬉しくなったピノコは、一旦ちゅぽんと音を立てて口を離した。それから舌を指腹に押し付けて、指の付け根までねっとりと舐め下ろしていく。結婚指輪に舌先が触れると金属独特の味がした。
これも大切な彼の一部。いっぱい愛を込めてあげなくちゃ。
ピノコは指輪にも丹念に舌を這わせてぴちゃぴちゃと舐めた。ピノコから流れ出した唾液が節高の指を伝って、BJの掌まで垂れてきていた。

「――終ったか」
「んふ?」

BJの言葉に、夢中で指輪を舐めていたピノコは少し顔を上げた。どうやら見ていた番組は終了したようで、BJはリモコンでチャンネルを無造作に変えていた。しかし彼が観るに値するような番組はなかったらしく、とりあえずニュースにするとリモコンを脇に置いた。

(…!)

ピノコは、リモコンを置いたBJの右手が、そのままズボンのファスナーを下ろしているのに眉を潜めた。

(ちょっとぉ、いくらなんでも調子に乗りすぎなのよさ!)

さすがのピノコも抗議の声を上げようかと思った。
私が逆らわないと分っていて図々しい……。
そんな風に考えながらも、後頭部に添えられた手の意のままに、ピノコは顔を下ろしていった。

end.
-----------------------------------------------------------------


帆純さんの絵に触発された割には
かけ離れた展開になってしまいました…。
スポンサーサイト
【2006/03/07 21:22】 | 間夫妻のちょいエロ夫婦生活 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<劇場版Zガンダム~星の鼓動は愛~ &コミックバトン | ホーム | Karte61:「二人のピノコ」>>
コメント
おおおおでんマスター、総帥、応援団長!こんばんはですよ!!!!
おうおおお!!
はっ!この前は絵チャでお世話になりました。
おでんさまとお話できてわたくしはとても楽しい一時を過ごせましたですよ(≧∇≦)b

おお!話を戻しまして・・・・。
キスもしていないというのに!!!!
すごいエロっすよハアハア←おい
しかもこの後の展開がぁあぁぁ!!!
・・・・・昇天いたしました(爆)
またの展開を楽しみにしております。
では、失礼いたします。総帥。
【2006/03/08 00:41】 URL | reirei #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
総帥。こんばんはーvv
きましたね!第二弾!!ヽ(▽`*ヽ)(ノ*´▽)ノ
前回同様、ちょいエロなのにめっちゃエロいっすよ!うぎゃー!!
やはりピノコに鬼畜な先生はエエですね(爆)

素敵でしたーvv次回も楽しみにしております♪ピノコ小学生祭り、ちょいエロでのご参加、大歓迎ですよ!!
小学生ピノコでちょいエロ・・・せんせー!!(爆)

ではでは、壊れてきたので、このへんで失礼致します~。
【2006/03/08 01:37】 URL | あにゃ #-[ 編集] | page top↑
おおお、おでん師匠――!!
先週から一気にまた称号が増えている(笑)のも納得の一品ですよう!(ジタバタ)
発想力ありまくりじゃないですか。私は文章も書くので(というか一応ほんとは文章派…)、おでんさんの文章にもネタの扱い方にも惚れ惚れします。えろいようでえろくないようでえろい。ええつまりエロい!(笑)

そんなまさか、暴君なBJが好みでないわけありますか!
立場逆転は普段そうじゃないからこそ、時折あると萌えるんです(力説)。基本はもちろん惚れた弱みでBJにいいように振り回されるピノコですよーv
ということで、むしろものすごくツボでした! 挿絵が描きたいくらいです(笑)。再婚(だから違う)させてよかったv
ありがとうございましたー!
【2006/03/08 03:15】 URL | 帆純アキ #h21Gu8TU[ 編集] | page top↑
好きです、こういう先生。
マスターこんばんは!(順序逆)
帆純さんの力説に激しくうなずいております、ともです。
ピノコ相手のときは強気に出る先生…たまりません(じゅるり)
何事もないようにTVを見続けるなんて、さすが先生v

今回もステキな文章ありがとうございました~vvv
マスターを見習って精進します!
【2006/03/09 01:26】 URL | とも #O1ZCc/RI[ 編集] | page top↑
reireiさん、こんばんはv

>はっ!この前は絵チャでお世話になりました。
>おでんさまとお話できてわたくしはとても楽しい一時を過ごせましたですよ(≧∇≦)b

こちらこそ楽しませていただきました。
っちゅーかreireiさん、あの後サッカー観戦に行かれたんですよね…なんてタフなんだ;

>しかもこの後の展開がぁあぁぁ!!!
>・・・・・昇天いたしました(爆)

reireiさーん!天に召されるのはまだ早いですよーーーー!!
あの後の展開については、おのおのご想像にお任せてしておりますが
単にBJに膝枕してもらうだけかもしれない(なんちて)。

【2006/03/09 10:32】 URL | おでん #CM5z1lKM[ 編集] | page top↑
あにゃさん、こんばんはv

>やはりピノコに鬼畜な先生はエエですね(爆)
エエんだ(笑)
前作がちょっと男の可愛らしさを表現してみたくて、あぁいう感じになって、
それが好評だったので今作は正直受け入れてもらえるか不安だったんですよ。
だからそう言ってもらえて安心しました!

>ピノコ小学生祭り、ちょいエロでのご参加、大歓迎ですよ!!
マジですか?
わーい、よかったーー!いつになるか判りませんが、頑張らさせていただきます!
【2006/03/09 10:38】 URL | おでん #CM5z1lKM[ 編集] | page top↑
帆純さん、こんばんはv

>発想力ありまくりじゃないですか。
>私は文章も書くので(というか一応ほんとは文章派…)

前作も今作もそうですが、皆さんのイラストからネタをパクっ…いや、触発されたので
私の発想力の賜物ではありません。
帆純さんの育児小説(?)とか、読んでいてめっちゃ醍醐味ありました!

>そんなまさか、暴君なBJが好みでないわけありますか!
おおぉお!…よかった;;
暴君BJって、意外と人気たかいんですねー(笑)
アニメで強化されている、もっと優しい穏やかな面が好まれてると思ってたんですが…。
これから書くうえで良いヒントになりました。

>挿絵が描きたいくらいです(笑)。
…しっぽ掴まえましたよ(ニヤリ)。
こちらの方こそ大歓迎ですよ!涙が滝のように流れるぐらい嬉しいです!
【2006/03/09 11:20】 URL | おでん #CM5z1lKM[ 編集] | page top↑
セクシーともさん、こんばんはv

>帆純さんの力説に激しくうなずいております、ともです。
>ピノコ相手のときは強気に出る先生…たまりません(じゅるり)

おお、やはり暴君BJは人気があるのですね!
普段強気の人が、たまに弱い面を見せるから萌えるのか…深いですね。勉強になります。

>マスターを見習って精進します!
それはもしかして期待しちゃっていいのでしょうか(笑)
尤も、ともさんのBJは最初からワイルド&セクシーで大変色っぽいですよね。
これからの作品がたいへん楽しみです。
【2006/03/09 12:13】 URL | おでん #CM5z1lKM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japino.blog45.fc2.com/tb.php/41-f753b6ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。