FC2ブログ
BJ♀×ピノコ♂
恒例の土曜絵チャで再び性別逆転絵を描いてしまいました。
参加者の皆さん、特に合作のお相手して下さったともさん、
ありがとうございましたv

ところで前回の記事で、
私は性別が逆だったら…という変な妄想wを
考えているという話をしましたが、
今回はその妄想をちょっぴり考察したいと思います。

もし、間夫妻の性別が逆だったら…?

続きを読む
【2006/06/11 23:16】 | アニメBJ感想 | トラックバック(2) | コメント(4) | page top↑
21-8:「65年目の目覚め」 キリコ編
お待たせしました。
「65年目の目覚め」の感想、キリコ編です(笑)

そういえばこの回の放映日に偶然にも
準レギュラーキャラ「西川史子」のモデル西川史子さんが
お昼の番組『ごきげんよう』にゲスト出演していたんですね。
私は途中から見たので詳細は分からないのですが、
たぶんゲスト陣に「異性を見る時のポイントはどこ」らしき質問を
されていたようなんですね。
その時の西川さんのお答えが「手や指が細い人」。
小堺さんがなぜかと問うたところ
「手や指が細い人は総じて手術が上手なので、職業柄つい見てしまう。
 細いと臓器と臓器の間を縫うように手が通りやすいんですよね」

と答えていまして、ナルホド!と目から鱗が落ちました。

ということは「神の手」と称されるBJはさぞや細いはずですが、
漫画でもアニメでも、まるっこくてふくふくとしたおてて…
まあ、そのギャップが可愛らしくてよいのですが(笑)
私がまず思い浮かんだのは映画『ふたりの黒い医者』のキリコ。
あのキリコの指の細長さはエレガントでした…。
細長い指の動きが、なんと美しくしなやかなこと!
思わずうっとりと見惚れてしまいました。
原作だとキリコも少年マンガ的なまるい手なんですけどねw

そんなわけで今作のTVキリコの指に注目しておりました。
キャラデザ・作画監督が原作絵に最も近い瀬谷さんだったので
まるっこい手かな?と思ったのですが
やはり映画同様、細長い指だったのでホッとしました(笑)
続きを読む
【2006/06/08 23:31】 | アニメBJ感想 | トラックバック(10) | コメント(2) | page top↑
21-8:「65年目の目覚め」 ピノコ編
原作「浦島太郎」のアニメ化作品としては
凄く良かったんじゃないでしょうか。
特に原作でも山場だった、眠れる患者が目覚めた途端、
急激に老化が始まり老衰で死んでいくシーン…
老化していく描写の丁寧さと老醜のおぞましさ、
死が近付いていく患者本人の痛ましい絶望の叫び。
そして、その様子を成す術もなく見守るしかない
無力な天才外科医BJの強張った表情。
これらは原作を上回る迫力だったと思います。

前半の紅蜥蜴との過激な立ち回りシーンも笑えました。
こういうアニメならではの荒唐無稽な活劇は
個人的には大好きなので面白かったです。
というより『アニメ三銃士』や『シティーハンター』を
思い起こして何か懐かしい感じすらしました(笑)
正直メインストーリーとは何ら絡んでなかったので
蛇足っちゃ蛇足なんですが…。
そろそろ紅蜥蜴も何らかのキャラ立ちが欲しいですね。

キリコのTV初登場作という記念碑的な意味合いも含め、
今作は全体的に決して悪くなかったのです。
普通に視聴していれば問題のないクオリティだったと思います。
なのに、私の心は沈みっぱなし(笑)
以下、一人のジャピノスキーの戯言でございます。

続きを読む
【2006/06/05 19:32】 | アニメBJ感想 | トラックバック(17) | コメント(2) | page top↑
21-7:「百億円 命の約束」
蟻谷さんの声が古川登志夫さんだ~~!!!!
凄い大御所を連れてきましたね、素晴らしい!
この方の声をゴールデンのアニメで聞けただけでも
嬉しかったですよ…。・゚・(ノ∀`)・゚・。
2chの実況では随分ピッコロピッコロ呼ばれてましたがw
私にとっては「うる星やつら」の諸星あたるですね。
それから「ガンダム」のカイ・シデン!
そういえば声だけで聞くと、カイとガトーとサラという
絶対共演しえない3人が顔を合わせていたんですね(笑)
古川さんてどちらかというとヒネた役柄が多いんですが、
今回の蟻谷さんのような心優しいまっすぐなキャラクターも
好演されるんですよね~懐が深い役者さんです。

こうなったらいい加減、神谷明さんも呼びましょうよ~!!(切望)
「名探偵コナン」にレギュラー出演してるので諦めてたんですが
大塚さんなんか「BJ」の主役にも関わらず
横溝警部役で出演できたんだから絶対に可能なはず!!!
「コナン」で神谷さんと大塚さんの掛け合いを見た時は
身悶えしましたよ……(*´д`*) ハァハァ
ここまで読んでもらえたら判ると思いますが
私は神谷明さんの大ファンなのであります(笑)
…の割には、「コナン」はちゃんと観ていないんですが;(笑)

関係ないですがOVA「火の鳥 宇宙編」の牧村役は
神谷明さんの長い長い芸歴の中でも
唯一の悪役なんじゃないでしょうか。
(奥さんを殺して喰うあげく大量虐殺する役…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル)

続きを読む
【2006/05/29 22:35】 | アニメBJ感想 | トラックバック(15) | コメント(9) | page top↑
21-6:「空飛ぶ病院」
「ブラック・ジャック」といえば
手塚治虫漫画の集大成として名高いですが
今宵の「ブラック・ジャック」は
声優大塚明夫氏の集大成と化していましたね。
「ブラック・ジャック」という一人のキャラクターに
スネークやら
セガールやら
ガトーやら
バトーやら
などなどが、てんこもりに詰め込まれていました。
何だか大塚明夫さんの声優としての連綿とした歴史を
短い時間内に垣間見ることが出来たような気がします。

関係ありませんが「MGS」「ガンダム」両シリーズの
長年の愛好者である弟は
「少なくともBJの傭兵能力は
 スネークやガトーよりも遥かにレベルが高い」
と感心しておりました。

BJは医者だ。
続きを読む
【2006/05/23 00:39】 | アニメBJ感想 | トラックバック(15) | コメント(0) | page top↑
21-5:「ロボットの腕」

今作はトヨタに

喧嘩を売ってるんですね。


…と、ロボットアーム発表の記者会見で思いました。

愛知万博のトヨタグループ館、結局入場できなかったんだよなあ。
開場時間よりも1時間早く入場ゲートに着いて
陽射しがギラギラ照りつけるなか、立ちんぼで待って
とろくさい荷物検査を抜けてやっと入場して
トヨタグループ館目指して全速力で走ったのに
万博開場後15分で、当日の整理券全部売切れってどうよ。
目の前で「整理券終わり」のプラカードをにょきっと出された時は
汗だくで呆然自失としたなあ…。
楽器演奏ロボットのパフォーマンス見たかったよ。ちっ。

あのトヨタパートナーロボットのパフォーマンスは
単純に凄いなあと感服してたものですが、
今作を見て、ああいうロボットの出現により
音楽とは、芸術とは何ぞやというのを
人類は突きつけられているのかもしれないと思い、
何か薄ら寒いものを感じました。
原作では「腕を切る」というのを
アニメでは「ロボットアーム」と形に変えましたが
万博のロボット達を見た手塚先生も本当に書きそうです。
続きを読む
【2006/05/15 23:46】 | アニメBJ感想 | トラックバック(12) | コメント(6) | page top↑
21-4:「北欧の黒い天使」
今作の作画は杉野さんでしたね。
太い首、広い肩幅、ガタイの良さなどが
まさにOVAの流れを汲むBJ。
濃厚な男フェロモンがぷんぷんしていましたね(笑)
瀬谷BJが時折少年ぽい表情を見せたり
西田BJが穏やかな紳士っぷりが光っていたりするなか
杉野BJは、他のBJとはやはり一線を画していますね。
あの独特な濃さは、杉野BJだけのものです。

だからこそ言わせて下さい。

紅蜥蜴が「本当にビー・ジェーは、この病院にいないのですね」と
デブン副理事に見せたのが、なぜか瀬谷BJの写真。

クロイツェルよりも別人に見えるぞ。

杉野BJしか見たことないらしいデブン副理事、
BJが若い頃の写真だろうと勘違いしてそうですね。

ところで杉野さんって、幼い女の子は苦手なんでしょうか。
ピノコもスージーも、押なべて少し不細工というか、
強面だったのがちょっぴり残念だったなあ。
二人並んだ絵ヅラは、とっても可愛かっただけに
ちょっと勿体なかったです。
あの場面だけは西田さんに…て、そんな細切れ作画はダメかな。
あれ、でも、紅蜥蜴が持ち歩いてる写真は瀬谷BJだったしな~。


続きを読む
【2006/05/08 22:37】 | アニメBJ感想 | トラックバック(18) | コメント(4) | page top↑
21-3:「悲しみのピノコ」
今回の目玉は、なんと言っても

絶対に死ぬはずがない
主役のブラック・ジャックが
爆発からいかに生還するか


これにつきるでしょう。
アニメで来週が楽しみで仕方ない思いをしたのは
何年ぶりだったでしょうか。
本当にこの一週間、待ちきれなくてウズウズしてたのです。

なのにシャチが救出ってオイ(爆笑)

先週では、あんなにリアル路線を突っ走っていたのに
何だよこのいかにもマンガちっくな演出は!
まさかシャチを出すたあなぁ…義理堅いにも程があるぜトリトン。
てかあの漁師親子に助けられた、では駄目なんでしょうか。
あそこでトリトンを再登場させた意味は……?;
あーでも、アニメで助かったキャラ復活の実績ができれば
ロミちゃん再登場も、決して可能性ゼロじゃないって事だよね(笑)

続きを読む
【2006/04/24 23:14】 | アニメBJ感想 | トラックバック(16) | コメント(8) | page top↑
21-2:「BJ父親との再会」
おでん

とぅえんてぃーわん!
(by大塚声エコー)

今日から「間夫妻応援日記」が

衝撃の新シリーズに突入

しません。


以前どおり、BJ&ピノコの間夫妻を応援するスタンスで
まったり日記を進めていくのに変わりはございません。

いきなり失礼いたしました。
パソコンのクラッシュという不運に見舞われましたが
今日、新しいパソコンをセットアップしまして
何とかネットに復帰できました。
再びこの日記を綴っていきたいと思いますので
改めてこれからもよろしくお願いいたします。

それではまず、先週UPできなかった
21-2:「BJ父親との再会」の感想から。

【追記】
なにげに今作の感想が、このブログにおける
記念すべき10作目のBJアニメ感想でした(笑)
四ヶ月経て、やっと2桁台に達することができました。
続きを読む
【2006/04/22 20:25】 | アニメBJ感想 | トラックバック(5) | コメント(10) | page top↑
Karte:62「医師免許が返る日」
笑撃。

栄えあるBJ21第1回を一言でいいあわらすと、コレに尽きますね。
いきなり大塚明夫さんの声で
「ブラック・ジャック とぅえんてぃーわん」
と始まるところから私の脇腹をピンポイントで抉りっ放し。
余りに笑い過ぎてテンションが上がりすぎ、
最初に視聴した時は感想を書ける状態ではありませんでした。
そこで冷静な弟と一緒に再度視聴しなおし、
なんとか平常を取り戻したところです。

だがなんだ、あの「シベリア超特急」なOPは。
のっけからトバしてくれます。
想定どおりOPに黒ハット男が現われましたね。
こうして動いている黒ハット男を見ていると
まんま「ガンフロンティア」のハーロックですね(笑)
あれでピノコまでハット被ったらトチローだよ。
「ガンフロンティア」って何じゃいという人、
↓この色男がウエスターナー・フランクリン・ハーロックジュニアです。
(「宇宙海賊キャプテンハーロック」の彼とは別人なわけだ)
茶ハット男ではなくハーロック
ちょっと判りにくいかな~。
公式サイトの「GALLERY」→「設定資料集」を見れば
黒ハット男BJと茶ハット男ハーロックの酷似ぶりがよく判ると思います。


続きを読む
【2006/04/10 22:39】 | アニメBJ感想 | トラックバック(23) | コメント(11) | page top↑
Karte61:「二人のピノコ」
ーーそろそろ時間だな。
私はいつもの通り冷蔵庫から冷えた缶ビールを取り出し、
TVの前にスタンバッた。
予約録画がちゃんと作動しているのを確認しながらプルタブを開ける。
ーーーーーうまい。
ビールを飲みながら寛ぐこの時間が、週に一度の楽しみだ。
今週もこの時間を迎えられた幸せを噛み締めながら、私はTVを眺めた。

「ちぇんちぇい、どこ行くのぉ~…ピ、ピノコも、いくぅ~…」

おやおや、ピノコお熱があるのか。
赤らんだ顔と弱々しい目に不謹慎ながら色っぽさを感じてしまう。

「だって…だってぇ…(スリッパを持つ)」

か、かわいい…。水谷さんの演技も反則だよ…(何の)。

「言うこと聞かないんなら、次からは何処へも連れていかないぞ」

アニメのBJならではの台詞だなぁ。

「分ったらおとなしく寝てろ(バタン)」

うおっ一度たりとも振り返らず…。
厳しいときはとことん非情だな、ブラック・ジャック…。

(場面転換)

「おとなしく寝てるかな

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! 

申し訳ありません。
画面の先生に向かって、思い切りビールを顔射してしまいました(実話)。
続きを読む

テーマ:ブラックジャック - ジャンル:アニメ・コミック

【2006/03/06 23:54】 | アニメBJ感想 | トラックバック(18) | コメント(8) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ