FC2ブログ
| 冫、)ジー     |)彡サッ
私が知る限り、今のところ手塚関連で大きな動きはないようです。
6月半ばぐらいに記念館で『リボンの騎士』のトークショーがあったぐらい?
この沈黙は、来年の生誕80周年に向けた嵐の前の静けさだと
受け取ってよろしいのでしょうか(笑)

私もいまちょっと動きの取れない状況なのですが
ひと段落ついたらゆっくりと始動していきたいと思います。
コメント下さった方もありがとう!しっかり読ませて頂いております。
自分の時間ができましたら、必ずお返事いたします。

さて、直前で申し訳ないのですが
一週間後の宝塚オフについて参加者の皆さんに向けて
お知らせしたいと思います。
現在このブログ、余りにも動きがない為にもう見てない方もいると思うので、
偶然にもこの記事を見られた方は、他参加者の方にも記事のことを
チラッとでいいんで言って頂けると嬉しいですv
…他力本願でごめんなさい 。・゚・(ノД`)・゚・。
続きを読む
【2007/06/25 01:54】 | お知らせ(オフ会告知等) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
大塚さん黒田さん、事件について語る
これもタイムリーな話題なのでもう一つ。
5月末に、アニメ業界を震撼させたニュースがありました。

-------------------
2007/05/29-00:13
声優オーディションの少女にいたずら=芸能プロ社長逮捕-警視庁


声優のオーディションを受けた16歳の少女にみだらな行為をしたとして、
警視庁渋谷署は28日までに、児童買春・ポルノ処罰法違反の疑いで、
東京都渋谷区初台、芸能プロダクション「アーツビジョン」社長
松田咲實容疑者(58)を逮捕した。容疑を認めている。
(中略)
12月末に少女が渋谷署に相談し事件が発覚。
少女は「合格のために我慢し、口止めされた」と話している。少女は不合格になった。
アーツビジョンは1984年設立。椎名へきるさんら歌手や声優が数多く所属する。
-------------------


以前より、女性声優の1人に人気が集中すると「枕営業」なんて、
まことしやかに揶揄する噂が幾度も流れてはおりました。
しかしそれが現実の事件として、白昼の元に晒されてしまったわけです。
この事件にはショックを受けると共に、失望してしまった
声優ファンも数多くいたことでしょう。

しかしもっと驚いたのは、この事件について大塚明夫さんと黒田崇矢さんが
6月1日配信のネットラジオで言及したことです。
同じ業界に住む人間が業界の暗部を、公共の電波に乗せて語るというのは
そう簡単なことではないと思います。
普通だったらノーコメントで済ませたいのが大人の本音という所でしょう。
しかしリスナーの要請にあえて応えたということは、
2人ともこの件に関して是非とも世間に伝えたいという、
強い意志があったからなんじゃないでしょうか。
そのネットラジオの内容というのが、こちらです。
続きを読む
【2007/06/03 22:02】 | 間夫妻 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ダンシング レオ
じっくりネットに飛び込めたのは久しぶりです。
6月2日に公開されたばかりの松っちゃん監督作品の映画、
『大日本人』の情報を求めてネットの海を彷徨っていましたら
感想の一つに「CGが『どろろ』並」って表現があって笑ったw
どう考えても誉め言葉で使ったんじゃないですよねコレ…。

さて、以前「ダンシング クロオ」と皆様が自然と呼ぶようになった
衝撃映像をご紹介した事がありましたが
何も踊るのはBJやアトムだけじゃありません。
黒い医師が踊るなら白い獅子だって踊ります。
踊る手塚キャラと言えば、西武ライオンズのマスコット「レオ」を
抜きにして語ることはできないでしょう!
それでは、その素晴らしいダンスをご覧下さい。
どうぞ!



続きを読む
【2007/06/03 19:50】 | 手塚関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
むかしのちょいエロ
データをさばくっていたら、ブログでは未公開のちょいエロを見つけました。
ちょうど一年前の五月、アキしゃんとの合同誌に出した作品。
私にとっては記念すべき同人デビューでした。
これ読んだことのある人は20数人しかいないと思うので、
新しい記事書けるまでちょっとだけ公開(笑)
最近、新たに文章を書くことをサボっていてすみません;
手塚関連で何か情報があればなるたけUPするようにしますが…
コメントも長いことお返事できてなくて申し訳ありません。
必ずお返しさせていただきます。
コメントは読ませてもらい、元気をいただいております。
ありがとうございますつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

続きを読む
【2007/05/27 14:18】 | 間夫妻 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
『どろろ梵』の衝撃
デスノートOP風に

どろろヴォォォォオォォォオオオオオオオオオオオォォォォオォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオォン


あなたは読みましたか「どろろ梵」を。
最近、なんか微妙に忙しくて本屋に行く余裕も本当はなかったんですが
「どろろ梵」のために昼食ゲットのために飛び込んだコンビニで
今日発売のヤングチャンピオンをかすめ読みました。
だから、コマを流し込むように読むしかできないので
あらすじをしっかり把握するまでにはいたらなかったのですが

それでも


予想を遥かに上回る



トンデモ漫画でした。



ここまで旧来のファンに挑戦的な続編モノも滅多にないでしょう。
この作者、ファイト満々です。
完全にどろろファンに喧嘩売ってます。
全編「文句があンならかかってこいやあ」な闘気で満ち満ちています。
いいですなあ。
神の後を継ごうとする畏れ知らずはこうでなくちゃあ。

今のところ出オチ感ぷんぷんではありますが。


だって……

(さあココからネタばれです!)
(未読な方は絶対にここから先に進んではダメっ)
(ぜひ、あの衝撃を体感してもらいたいからっ…)
(しかし前もって知って、ショックを和らげた方がいいかもしれない…)
続きを読む
【2007/05/22 00:55】 | 手塚関連 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「どろろ」の続編「どろろ梵(ぼん)」
ぼく どろろぼ~ん


なんて駄洒落こいてる場合じゃありません。

マジであの怪作「どろろ」の続編がヤングチャンピオン11号から始動するそうです!
その名も「どろろ梵(ぼん)」!

詳しくはこちらをご覧下さい。
絵柄も載っております。
んんん~?
この片目の子はだれだ?
「あ~あ勿体ね オンナのカラダ」という台詞からしてどろろ?
しかしなぜ片目?
額にブッダのようなぼっちも付いてるし…
耳にはでかい耳飾り付けてるし、本当に誰なんですかキミ(笑)
作品名の「梵」に秘密が隠されているような気もしますが…


BJのようなアンソロジーでもなく
アトムのようなリメイクでもなく

続編

この言葉の重みは凄いですよ。
巨匠が描いた「その後」を語ろうって言うんですからね。
生半可なことではありません。
「どろろ」に関して言えば、「百鬼丸とどろろの別離」からの続きが
見られるわけですからね。
予告によるとあの二人は「再会」するそうです。
確かに主役ふたりが「再会」しなきゃ話が進まないから
そりゃそうなんですが(笑)

「どろろ」ファンからすると、この続編始動はどうなんでしょう?
私も「どろろ」の最終回の読後感は鬱でしたから、
あの二人が再会するのは喜ばしいことには違いないんですが…
しかしどろろファンなら誰しも願うであろう再会ストーリーとはいえ、
手塚先生以外の続編をファンが受け入れるのはなかなか難しいでしょう。

そういえばBJのアンソロジーにも一つ、続編ぽいのがありましたね。
BJのクローンの話。
あの物語による「その後」は

BJがピノコを自動車で

迎えに行く途中、

交通事故で死亡


という、およそ想像しうる「その後」話のなかでも
かなり後味が悪すぎる話でした(笑)
アンソロジーの一作なので想像のひとつとしてアリかなと受け入れられましたが、
「ファン待望のBJの続編!」と銘打ってアレを出された日にゃあ、
私は人生という名のSLから途中下車しますよprz

しかし秋田書店は手塚先生が遺した遺産をとことん使いますね(笑)
遺産はなるべく大事にしてほしいものですが…
はたして「どろろ梵」、この21世紀の平成の世に何を投げかけてくれるのやら
【2007/05/15 23:26】 | 手塚関連 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
トヨタ「プリウス」CM 10年前と10年後
今日は母の日ですね。
そして西では同人誌即売会が開催してますね。
手塚ジャンル参加の方々、頑張って下さい。
そして今日はNHKでNHKアーカイブス「手塚治虫・創作の秘密」再放送!
皆さん、見逃さないようにしましょう♪

そして今回は以上の事柄とは全く関係なく、CMの話です(笑)
手塚スター豪華共演のトヨタ「プリウス」のCMについて、
以前「三菱グランディスのCMに出てたアトムは不義理?」という
記事を書いたのですが、この件に関して「ANCHOR =2nd=」の astroboy-njさんより
コメントにてこういう指摘をいただきました。

>10年前のプリウスのCMも、手塚キャラ総出演だった

つまり出演したCMの順番は

>10年前のプリウスのCM→三菱グランディス→グッドイヤーのタイヤ→現プリウスのCM

10年前のプリウスCMにも手塚スターが出ていたの!?
アトムが出演したのは、三菱よりもトヨタの方が先だったの!?
と、驚いてちょっと調べてみたところ…

確かにそうでしたゴメンナサイorz

参考:自動車CM大全 - プリウス


つかグランディスのCMを紹介してるサイトに、プリウスもちゃんとあるじゃないか…
ちょっと考えれば気付いたのに、詰めが甘かった…。

つまり10年前、プリウスがデビューした記念すべきCMに、
手塚スター達が起用されてたいたわけですね!
そして10年という節目に、トヨタは再び手塚スターをCMに……
まさか手塚プロとトヨタに、こんな深い因縁があったとは知らなかった。
トヨタ、意外と義理堅いじゃないですか!

というわけで、アトムは過去に三菱CMに出てたのにも関わらず
不義理にもトヨタのCMに出た、というわけではなかったのです。
むしろ、トヨタのCMに出たのにも関わらず三菱にちょっと浮気v
というわけだttチガウダロッ!!!!o(*・∀・)つ☆(.;.;)3`)アブッ

アトムは文字通り「かがくのこ」な存在なわけでして
科学技術の結集である自動車産業から見て魅力的な素材なのでしょう。
そろそろホンダ辺りでアシモとの共演はないのかな~?(笑)
しかしまた10年後のプリウスCMが楽しみですね♪
どうせならプリウスのイメージキャラにしてくれればいいのになあ(笑)

ところで10年前のプリウスCMを見て、私はある変化に気付きました。
(下らないことなので、軽い気持ちでお読みください笑)
続きを読む
【2007/05/13 12:25】 | 手塚関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
倒壊こどもの日オフ
徐々に体調も回復してまいりました。
私はそんなに体が弱い方じゃないと思うんですが、
やっぱり腰をいわしてしまうとゲージが格段に落ちてしまいますね。
座っても寝そべっても痛いので気が休まる時がありません。
みなさんも腰の酷使は大概にしましょう(・∀・)ニヤニヤ

そんなわけで久しぶりのブログです。
リハビリも兼ねて5/5に行った倒壊オフについて簡単にレポします。
それにしても倒壊組はけっこう頻繁にオフ会をしていますね。
記念館もシアターもイベントもないのに、何をやっているんでしょうね(笑)
今回の目的は名古屋パルコにあったテヅカモデルノ絵本でした。
ええ、そんな些細な出来事にもオフ会に祀り上げるのが倒壊オフです。
…お願いです、名古屋にも手塚ショップ作って下さい 。・゚・(ノД`)・゚・。

ところで今回のオフ会には、また新たな倒壊メンバーが加わりました。
サイト「re:w」を運営している御影さんです!
御影さんが書いた虫魂2レポの「名古屋駅に帰ってこれた」的な一文を目にして
「これは!(☆∀☆)」と思った私が図々しくもお誘いしたのがきっかけ(笑)
まだまだ隠れた倒壊組がいるんじゃないかなあ。
これからもモー娘みたくメンバーが増えると嬉しいです。
そんなわけで今回はMEGさん、RONさん、寿加さん、御影さん、
そして私の計5名の参加とあいなりました。
続きを読む
【2007/05/12 14:24】 | BJレポ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
凄味な明夫
最近、疲れが微妙に取れません。
倒壊オフのレポや久々にちょいエロとか書きたいんですが
どうにも気力が…すみません。
コメントもありがたく読ませて頂いております。
必ずお返事させていただきます。
いつもありがとうございます 。・゚・(ノД`)・゚・。

とりあえずこれだけ。
今日、ぐったりしながらTVを見てたら
トヨタ「プリウス」の短縮版CMを初めて見た。
アトムの台詞が「10年!?」と微妙に違っていて
( ´・∀・`)へーと思いながらチャンネルをザッピングしていたら
次は「胃にベール♪ セルベール♪」のCMが目に入った。
「それは胃粘液が歳と共に減っているから」っていう大塚さんの台詞、
役所広司に取られちゃったんだよな…としみじみしていたら

こんなCMが私の目に飛び込んできた。

渋ゥゥゥウい!!!!
「まもなく」ってことは、このCMは単なる序章?
夏に向けて第2弾、3弾とくる??
ということは……おおぉお!
【2007/05/07 23:10】 | BJ情報 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
見よ!
20070505194831
これがカクテル ブラックジャックだ!
黒い!
【2007/05/05 19:48】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
倒壊オフかんぱーい。
20070505194545
くろおちちなんで
みんな黒いカクテルを頼みました(笑)
【2007/05/05 19:45】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ